宮崎診療所総合健診

健診コース

ホーム > 健診コース > 婦人科検診

婦人科検診

当施設では婦人科検診を行っております。女性医師の担当日もございます。

クリックすると拡大します

1.乳がん検診について

 日本人女性が一生のうちに乳がんを発症する率は、50年前は50人に1人、ほんの十数年前は20人に1人と言われていたのが、今は11人に1人と、右肩上がりに増えています。また、乳がんによって亡くなった女性は、2016年には14,000人を超え、1980年の4,000人と比較すると3倍以上に増えているという現実があります。
 しかし、乳がんは早期発見できれば治癒率の高いがんです。セルフチェックと定期健診を受けることで、がんのリスクを圧倒的に減らすことが出来るのです。
 当施設では、画像診断とベテラン医師による触診とのダブルチェックで診断しております。

検査について

※常時、女性検査技師が対応いたします

①マンモグラフィ(乳房X線撮影法)

②乳腺エコー(超音波診断装置)

●マンモグラフィーとエコー(乳腺超音波検査)どちらを受診したらいいの?


 マンモグラフィーエコー(乳腺超音波検査)にはそれぞれ違う特徴があり、乳がん発見における検出しやすい病変も異なるため、どちらの方が優れているとは一概にはいえません。
 マンモグラフィーは、乳房にエックス線を当てる検査で、がんの疑いがある微細な石灰化物も検出できるため、乳がんの早期発見に大きく寄与します。レントゲンと同じ原理で、石灰化物は白く写ります。ただし、乳腺が発達している10~30代の場合、乳腺が白く写りこんでしまうため、判別がしにくくなる場合があります。
 乳腺エコーは、乳房に超音波を当てることで、リアルタイムに腫瘤(しゅりゅう)などの病変を検出する検査です。がん組織がある場合、その形が黒く浮かびあがります。乳腺の影響を受けにくく診断できるため、一般に乳腺組織が発達している40歳以下の方には特に有効な検査です。その一方で、乳腺の微細な石灰化を描画するのはマンモグラフィーと比較すると不得意とされています。
 このように、マンモグラフィーと乳腺エコーとでは、検出を得意とする病変が異なりますので、精度の高い早期発見のためには、やはり両方の検査を受診することをお薦めします。どちらか一方を、という方は、上記の特徴を加味して選ばれてみてはいかがでしょうか。

2.子宮頸がん検診について


 女性特有のがんのひとつとして、「子宮頸がん」というがんがあります。これは女性の子宮の入り口、子宮頸部に出来るがんで、乳がんに次いで「女性に起こるがん」としては発症率・死亡率が2位という患者の多い病気です。
 特に20代・30代の女性が患うがんの中で突出した罹患率となっていて、早期発見・治療が最も重要と言われています。
当施設では、子宮頸部細胞診を行います。女性医師の担当日もございます。
料金表はコチラ